>製品紹介>挨拶状>ご法要の手引き>宗教別

近親者と親しい方々で供養し後飾りを簡略にします。最近では骨上げ後、引き続いて行うこともあります。
一般ではご遺族だけで供養します。
・お位牌手配・ご案内状作成・ご法要の配り物準備・お料理の手配
・お香典帳の整理・ご返礼品の予算・ご返礼先の名簿作成・ご挨拶状の作成・お品選び
忌明けには、近親者のほか故人と親しかった方を招き、法要を営んだのち、もてなしをするのが一般的です。引物のほか香典返しを用意してお配りします。ご招待しなかった方へは、忌明け後にご挨拶状を添えてお返し品をお配りします。
お年賀を差し控え、12月初旬には年末年始欠礼ご挨拶状を出すようにいたします。
近親者で供養するのが一般的です。
亡くなられて初めて迎えるお盆が新盆です。ご先祖様が里帰りされる時期ですから、ご自宅で法要をし、白い堤灯や花、野菜などで盆飾りをして新霊を迎え、僧侶に読経をしていただき、近親者で供養します。お彼岸にはお寺へ行き、読経、焼香、墓参をします。



神式では、亡くなられた日から十日ごとに霊祭を行い、五十日祭をもって忌明けとします。この後は、百日祭、一年祭を行って、服喪を終わります。その後は、三年祭、五年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭を営みます。お香典返しは、通常三十日祭か、五十日祭を済ませた後おこないます。

仏式の初七日にあたり、身内と親しい方で霊祭をおこないます。
一般的には、ご遺族だけで霊祭をおこないます。
仏式の七七日忌にあたり、忌明けとなります。親しい方を招いて霊祭をおこないもてなしをし、お返しをするのも仏式と同様です。



カトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは記念式をおこないなすが、はっきりした決まりはありません。カトリックでは主に、亡くなられた日から数えて三十日目にそれ以降は一年目、十年目、二十年目などに追悼ミサおこないます。プロテスタントでは三十日目、五十日目に召天記念式をおこない、以後一年目、三年目、七年目などに記念式をおこないます。

近親者友人を招いて、教会で追悼ミサをおこないます。その後、教会の別室などでお茶の会を催し、故人を追悼します。日本式にお香典返しをするなら、この日以後おこなうのが通例です。
この日が召天記念日で記念式をおこないます。近親者や親しい友人が集まり執り行い、カトリック同様お香典返しをするなら、この日以後おこないます。

 
>to top